メインイメージ

社員構成

合同会社設立では社員構成はいろいろです

社員構成合同会社設立では、その法人の社員構成が一人の場合もあれば複数名の場合もあるなど、色々な状態です。合同会社の設立では、特に定めがなく何人で設立をしようが構わないものとなっています。ただし、社員構成としては人数が多くなれば多くなる分だけ、それだけ合同会社としての意志決定が難しくなります。なぜならば、合同会社自体がそもそも従業員一人一人について議決権が与えられているため、全員が賛成しないと事案が決定出来ないというデメリットがあるからです。

個人事業主などが法人化して行う場合は、それほど問題にはならないでしょう。また、家族で合同会社を設立して運営をしていく場合も同様です。家族間で相当の不和があるような場合はともかくとして、それ以外では特に家族で話し合って決めればいいだけですから、得に問題にはならないでしょう。法人としての決定自体がそれほど難しい問題にはなりにくいことでもあります。
社員構成が少なければ少ないほど、意志決定がし易く迅速な対応につながります。したがって、合同会社の特徴として設立をよく考えた上で、決定をしていくことが求められるところです。
なお、雇用数r人数を増やしていく場合は、合同会社では小回りがそれだけ利きにくくなりますので、株式会社への移行なども考慮しなければならなくなってきます。こうした点を踏まえて、法人設立を考えていくことが求められるものです。

合同会社では社員構成が少なければ少ないほど楽に運営が出来るわけですが、人数が少なければ少ない分だけ対応力が下がります。人数が少なく頭数がいなければ、出来る範囲も当然ながら狭まりますので、行える事業に限界が見えてくる場合も出てくるでしょう。したがって、事業を拡大させたい意向を強く持っている場合は、早めに法人の変更を行うことを視野に知れて行動することが求められていきます。
行いたい事業によっても差は出ます。特に社会福祉関係の事業の場合で民間参入が認められている場合は、法人化しなければ実施出来ませんから、最低限として合同会社等の形態をとるケースがあります。この場合でも有資格者として雇用をしなければいけませんし、事務員等も必要になってくることでしょう。すなわち、事業を安定して行うためには、従業員数を増やさざるを得ず、それだけ対応が厳しくなってしまいます。いずれは合同会社では対応が厳しくなることが予想されますので、法人の変更も視野に知れておくことが大切です。