メインイメージ

知名度の問題

合同会社の設立と知名度の問題について

知名度の問題合同会社と言う会社の設立が可能になったのは2000年代になって会社法の改正が行われてからのことです。これまで設立が可能であった有限会社に代わる形で設立できるようになりましたが、知名度と言う点で非常に劣ってしまっているという現実があります。一般的な事業目的を持つ企業の法人化の際の選択肢としてはこの合同会社と株式会社が主な選択肢となるのですが、知名度の差に関しては非常に大きなものがあると言えるでしょう。そのため合同会社の設立を考えている場合にはこの知名度の問題をクリアしておく必要があると言えます。あるいは知名度の低さが全く問題にならないと考える際に使用するというのも一つの手段であると言えるかもしれません。
この合同会社は株式会社に比べて非常に設立手順がシンプルであるという仕組みに加え、設立のために必要となる資金面でも最も安くなるというメリットが存在していますので個人事業主が自分の事業を法人化したいと考える場合等零細事業の法人化に向いていると言えるでしょう。合同会社の知名度が低いというのは現実ですが、それでも法人格であることに変わりはありません。少なくとも個人事業主としての位置づけよりは信頼を集めることが出来るであろうと考えられています。何よりも合同会社を設立することによって得ることが出来る数々のメリットの方がずっと大きく感じられるのが個人事業主の立場であると言えるでしょう。広く投資を募って会社を大きくし、事業拡大を続けていきたいと考えているのでないのであれば、株式会社を選択するよりも合同会社を選択した方がメリットが大きいと言えるでしょう。
合同会社は株式会社とは異なる仕組みが沢山あります。例えば法人から支払われる配当に関しては出資額に応じずに自由に決めることが許されているのが特徴になっていますが、この様な仕組みでは広く投資を集めるのは困難でしょう。それは公平性や透明性を確保できないためであり、広く投資を集めるのには向いていないと言えます。あくまでも個人事業主として継続してきた事業規模から大きく成長させる予定が無い場合等に選択すべき会社の形であると言えるでしょう。もしも会社を大きく成長させていきたいと考えているのであれば将来的な上場も検討することが出来る株式会社の方が適切であるということが出来ます。なお、会社を作った後でも条件を満たせば法人格の変更をすることは出来ますので絶対に変えられないものではありません。