メインイメージ

設立の手順

合同会社の設立のための手順

事前準備合同会社設立のためには、一定の手続きを行わなければいけません。このとき、合同会社であっても他の法人であっても、共通して行うべき事が何点か存在します。
法人として行うべき事業であったり、組織の概要などを明示するものとして定款が存在します。この定款の作成は合同会社であろうと他の営利法人であろうと、共通して行う作業です。ただし、その行う作業としては同じであっても、行政からの指導監督を受けたりする法人形態もあるので、一概に同じ作業量とは言えません。合同会社は民営ですから、行政からの指導を受けることは原則ないものです。

合同会社の設立の手順は、この定款の作成に始まります。定款が完成したらその定款の認証を受けなければいけません。認証を行うのは公証役場です。ここで承認を受けてから法務局での登記申請という流れになっていきます。登記が完了したら法人の設立が出来たということです。
このように手順を踏んでいけばそれほど難しくはありませんが、合同会社を設立して何の事業を行うのかによっては、定款や登記について注意して作業を行う必要が生じます。特に事業について、定款や登記に明記を求められるものに関しては、その求めてくる団体通常は国や地方公共団体のようなところですが、彼らの指示に従って文字文言を記載することが求められます。
事前に確認をしておかないと、定款や登記が出来上がった後で修正を求められても、手の打ちようがないと言うことは、往々にしてあるのもです。したがって、まずはその行う事業の許可が必要な場合は、許可を出すところに確認をした上で、定款や登記の作業を行うようにするべきでしょう。一度登記がなされたら、もし修正が必要になったとき、また登記のやり直しをしなければならなくなります。時間とお金の無駄です。

合同会社であっても他の法人であっても行う事自体は共通事項であるわけですが、合同会社は個人や少人数での申請、運営になるものですから、決定の判断はし易いものです。人数が多くなればなるほど動きづらくなります。したがって、その長所を活かして迅速に対応が出来るようにしておくことが、とても大事なことです。
決定に時間がかかるようでは、合同会社のメリットであるスピード感がなくなってしまい、結果として事業のスタートが遅れるなどのデメリットが生じます。なるべく早めに行動を行っていくことがこの合同会社設立には欠かせない要因になっています。