メインイメージ

節税効果

合同会社の設立と節税効果について

会社法の改正により新しく設立が可能になった会社の形として合同会社と言う存在があります。知名度こそ株式会社には及びませんが、株式会社と同じく法人ですので会社を設立するための手段としては申し分ありません。株式会社に比べても設立しやすいという特徴がありますので、個人事業主や家族経営等の様に小規模に事業を行っている場合等においては非常に適した会社の形であると言えるでしょう。社長になるということを強く意識して事業を始める場合には最初から会社設立を行うケースもありますが、個人事業としてある程度事業を行ってから会社を作るという流れを選択する人も少なくありません。どちらの道を選択したとしても、事業が軌道に乗れば会社を作った方が良いという結論に至るのが一般的なのです。
一般的な事業目的の場合、設立に適した会社の形は株式会社と合同会社の二種類になるのが一般的です。もしも事業を興して大きな会社に成長させていきたいと言うプランを持っているのであれば株式会社を選択した方が良いでしょう。この株式会社の仕組みは将来的に広く不特定多数の人から投資を募って会社を大きくして行くのに向いている仕組みを持っているのです。そのため大きな成長を希望しているのであれば株式会社の方が望ましい選択肢であると言えるでしょう。しかし会社を設立することによって得られるメリット、例えば節税効果などを得ることを主目的としているのであれば合同会社の設立を狙った方が良いという場合も少なくありません。特に個人事業主が会社を作って様々な免税措置や節税効果を狙う場合には合同会社の方が便利であり、簡単であるのでお勧めできます。
合同会社を作るための手続きも株式会社を作るための手順と大きな違いはありません。しかしながら合同会社の場合には株式会社ほど決めごとが細かくなく、会社法に反しない限りは緩やかに物事を決めて行くことが出来ると言う特徴があります。そのため会社を作った後の煩雑さも少なく、維持が楽であるという特徴があります。この様な仕組みになっているため、節税を目的としている場合には非常に良いと言えるでしょう。会社を作る際に資本金の額や売り上げの総額、給与支払額に注意しながら事業運営することで消費税の減免措置を長く受けることが出来るようになりますので様々な点でお得であると言えるのです。この様な節税効果だけを期待しているのであれば合同会社で十分であると言えるでしょう。